• 承継でのご勇退第三者への医療承継でのご勇退(兵庫県 内科)

    兵庫県で内科開業されていました山本先生が62歳の時に第三者へ医療承継されました。

    ご子息が違う診療科目へ進み、親族内承継が難しい事も第三者への承継を進める大きな動機だった

    とのことでした。

    その際の医療承継に関するアンケートを掲載させて頂きます。

    開業医の平均年齢の上昇や後継者不足問題は緊急の課題となっており、地域医療の継続という観点からも

    「閉院」ではなく、「承継」により将来にわたって地域の医療を継続していくことも大事なのではと思います。

  • 新規開業皮膚科様

    開業を志した当初は関西中心部での開業を目指していたが、診療圏調査やその他の分析で中心部での開業は避け、出身地近くでの開業に勝算があるとアドバイス頂き、開業地を変更した。

    物件探しも納得いくまで行って頂き、駅近の医療モールに入ることができた。

    開業前後の的確な広告宣伝もあり、開業当初より順調に患者を確保できています。

  • 承継開業産婦人科様

    産婦人科の新規開業は初期投資も巨額になり、また少子化によるお産の減少というリスクもあるので、新規での開業に二の足を踏んでいた。

    ちょうどその時、体力面での不安から産婦人科を承継して欲しいとお考えの先生をご紹介いただき、承継のお話を進めることにしました。

    メディカルバトンには条件交渉に上手く入って円満に交渉して頂き、結果として新規開業よりもはるかに初期投資を抑えて承継開業することができた。

    また承継した産婦人科は地域での認知度も高かったため、承継開業当初から多くのお産を確保することができたのも精神的に良かったです。

  • 新規開業眼科様

    内装や医療機器にこだわったため、初期投資額が当初の計画より大きくなり、自分が希望する額の借入が実現できるか不安でした。

    メディカルバトンより他の先生の新規開業時にお付き合いのある銀行を数行ご紹介頂き、交渉頂いた結果、自分の借入希望額を満額、しかも低金利で調達できました。

    開業当初は色々な面で不安になったが、資金繰りの不安からは解消されほっとしました。

  • 承継開業歯科医院様

    開業して10数年が経ち、歯科医院の経営もお陰様で順調に軌道に乗り、人材も充実してきたので、そろそろ分院展開を考えていました。

    私は新たな場所で分院を新規開業させる事しか頭に無かったのですが、メディカルバトンさんより駅近で、視認性の高い歯科医院で承継を考えておられる先生がいらっしゃるので、承継で分院展開すればどうですかとアドバイス頂きました。

    条件交渉や煩雑な手続きもスムーズに進めて頂き、一からの新規開業よりも結果として労力をかけず分院展開できました。

  • 承継でのご勇退内科様

    息子に医院を承継して欲しかったが、親子同士なのでなかなかうまく切り出せず時間だけが過ぎて行った。

    メディカルバトンさんを間に入れて話し合うことでお互い落ち着いて今後の医院経営に関する話し合いができ、結果息子に医院を承継してもらう形となった。

    今は肩の荷がおり、ゆっくりとした時間を過ごせています。

  • 新規開業呼吸器内科様

    クリニック開業に伴う面接の際、どのような質問をし、採用していったらよいか不安だった。

    メディカルバトンさんに面接に立ち会ってもらい、面接者の人柄や仕事に対する考え方など的確な質問をしていただき、結果満足の行く採用活動を行えました。

  • 1

医院開業にも様々な⽅法があることをご存知ですか?

1分あなたにぴったりの開業方法無料診断

無料で診断を始める