• 承継でのご勇退第三者への医療承継でのご勇退(兵庫県 内科)

    兵庫県で内科開業されていました山本先生が62歳の時に第三者へ医療承継されました。

    ご子息が違う診療科目へ進み、親族内承継が難しい事も第三者への承継を進める大きな動機だった

    とのことでした。

    その際の医療承継に関するアンケートを掲載させて頂きます。

    開業医の平均年齢の上昇や後継者不足問題は緊急の課題となっており、地域医療の継続という観点からも

    「閉院」ではなく、「承継」により将来にわたって地域の医療を継続していくことも大事なのではと思います。

  • 承継でのご勇退内科様

    息子に医院を承継して欲しかったが、親子同士なのでなかなかうまく切り出せず時間だけが過ぎて行った。

    メディカルバトンさんを間に入れて話し合うことでお互い落ち着いて今後の医院経営に関する話し合いができ、結果息子に医院を承継してもらう形となった。

    今は肩の荷がおり、ゆっくりとした時間を過ごせています。

  • 1

先生を成功に導く、
医療M&Aを二人三脚で。

「スポット対応を相談したい」
「非公開案件を参照したい」
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ