医院開業サービス

開業前から開業後まで、
経験豊富なスタッフがトータルサポート致します

医院開業までの流れ

1. 基本構想の策定(開業12ヶ月以上前)

医院の開業時期 「入学」「卒業」「転勤」など、患者様の生活パターンが変わる時期を選んで開業するのも、一つの方法です。また内科や耳鼻咽喉科など、季節により患者様の数が変動する科目の医院は、繁忙期の少し前を選んで開業されることをおすすめします。閑散期に開業させると、開業直後の集客がままならなくなり、資金繰りが苦しくなる可能性もあります。
開業スタイル 開業スタイルにより、開業時に必要となる資金が大きく異なります。医院開業には「医療モール」「ビルテナント」「借地開業」「一戸建て開業」「医院承継」など様々なスタイルがありますが、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で、事前に決定しておくようにしましょう。
開業場所 開業場所の選定は、開業後の経営を左右するとても重要なものです。基本的には「駅から近い」「ライバルが少ない」などの条件を満たしているかどうか、さらには集客が見込めるかどうかを判断基準に選定します。
医院の規模 医院の規模(有床/無床、手術の有無、スタッフ数)によっても、開業場所の選定方法は変わってきます。「開業場所の選定」と並行して「医院の規模」のイメージも固めておくようにしましょう。

矢印

2. 経営理念・診療方針の策定(開業11ヶ月前)

「経営理念」とは医院を開業した後、将来的にその医院をどうしていきたいのかという、院長の「志」を表したものです。
そして「診療方針」とは、「経営理念」を実現するのに必要となる行動指針です。
これらを院長・スタッフが共有することで、チームとしての一体感を生み出すことができます。

矢印

3. 開業場所の選定(開業10ヶ月前)

まず、お客様が求める条件に見合った物件をリストアップします。
また医科であれば、「院内処方」か「院外処方」かも事前に決めておきます。
その上で診療圏調査を行い、駅からの距離、ライバルとなる他院の状況、周辺地域の年齢層や今後の人口推移なども考慮して開業場所を絞り込んでいきます。

矢印

4. 会計士・税理士の決定(開業10ヶ月前)

開業場所が決定したら、必要投資額を見積もり、銀行などの金融機関に融資を申し込む必要があります。
その際、金融機関から「事業計画書」の提出が求められます。
この「事業計画書」の作成にあたっては会計士・税理士の専門知識が必要となりますので、この時点でご自身のお考えに合った会計士・税理士を見つけておくようにしましょう。

矢印

5. 事業計画書の作成(開業9ヶ月前)

開業場所、物件が決定したら、必要投資額を見積もります。
必要投資の内訳は大きく分けて、「土地代」「建物代」「医療機器・什器代」「開業時の運転資金」などです。
これらの金額はどういったスタイルで開業するかによっても異なりますので、開業後のビジョンをしっかりとイメージした上で見積もり、「事業計画書」を作成するようにしてください。

矢印

6. 金融機関への融資申し込み・融資実行(開業9ヶ月前)

事業計画書の作成が完了したら、必要となる資金の調達先を検討します。
ご自身の預貯金や親族からの支援を資金として活用する方法もありますが、医院開業資金は高額となることが多いため、自己資金などで充足できるケースはあまりありません。そのため、多くは公的・民間金融機関から融資を受けることとなります。

公的金融機関民間金融機関
  • 福祉、医療機構
  • 日本政策金融公庫
  • 都道府県の制度融資
  • 市区町村の制度融資
  • 医師会提携融資
  • 民間金融機関の一般貸付
  • リース会社からの融資

融資を申し込み交渉が成立すると、融資実行となります。
開業前には様々な支払いが発生しますので、開業6ヶ月前には融資が実行されていることが理想です。

矢印

7. 建物の設計・内装の決定(開業9ヶ月前)

建物の設計・内装を決定する時には、「ご来院頂く患者様が快適に治療を受けられるか?」に着目するようにしましょう。
特に患者様が長時間過ごすこととなる待合室は、清潔感のある落ち着ける空間にすることが大切です。

また患者様の流れやスタッフのオペレーションを考慮して、通路、診療スペース、受付の配置にも工夫を凝らすようにしてください。
そのほか、お車でのご来院が多く見込まれる場合には、駐車スペースをなるべく多く確保することも重要です。

矢印

8. 医療機器の選定(開業5ヶ月前)

資金計画のうち、投資可能な金額を確定し、医療機器や院内設備を選定していきます。
診療科目や先生のお考えによって必要となる医療機器や院内設備は異なりますが、できるだけ早い段階に選定しておくことが重要です。
「診療方針、想定する患者様の層にマッチしているか?」
「稼働率や採算面など、コスト・ベネフィットは十分か?」
「周辺地域の医療ニーズにマッチしているか?」
「資金状況から考えて、購入するべきか、リースするべきか?」
などの基準を基に総合的に判断します。

矢印

9. 薬品・診療材料の仕入れ先の決定(開業3ヶ月前)

薬品や診療材料の仕入れ先を決定します。

矢印

10. スタッフの募集・採用(開業3ヶ月前)

事業計画書を作成した際に決定していた、必要となる職種、人数、勤務形態(パートまたは常勤)を基に、スタッフの募集・採用を行います。
募集方法としては、「ハローワーク」「縁故関係」「求人誌」「折込チラシ」などがあります。
開業1ヶ月前ごろからスタッフ研修を行うためにも、2~3ヶ月前には募集・採用を行うようにしてください。

矢印

11. 印刷物の準備(開業2ヶ月前)

「診察券」「カルテ」「ゴム印」「名刺」「封筒」などの印刷物を準備します。

矢印

12. 開設届の提出(開業2ヶ月前)

診療所開設届や各種医療機関指定申請など、開設に必要な届出を提出します。
またX線装置を導入する際には、X線装置備付届が必要となりますので、併せて提出するようにしましょう。

矢印

13. 広告の選定・実行(開業2ヶ月前)

「看板」「ホームページ」「駅」「バス」「電柱」「診療表示板」「開院案内」などから、自院にとって最も宣伝効果の高い媒体を選定し、広告を出します。

矢印

14. 工事引き渡し(開業2ヶ月前)

建築業者から引き渡しを受けます。

矢印

15. 保健所の調査(開業2ヶ月前)

保健所の調査を受けます。

矢印

16. 内覧会の実施(開業1ヶ月前)

通常は開業前の土日などに内覧会を実施し、近隣の医療機関、自治体、周辺地域にお住まいの方々などへご挨拶すると共に、医院をお披露目します。

矢印

17. 開院

診察のシミュレーション、最終確認を行った上で開院します。

矢印

18. 各種届出の提出(開院後)

開院後すぐに、保健所、医師会、社会保険事務所、税務署、労働基準監督署などに必要な各種届出を提出します。

医院開業支援センターのサポート内容

医院開業支援センターでは開業をご決断された先生を誠実にご支援させていただきます。

開業手続き当センターの支援内容
経営理念の策定 将来的に医院をどうしていきたいのかという、院長の「志」をお伺いした上で、それをいかに「経営理念」としてまとめるかアドバイスさせて頂きます。
診療方針の策定 「経営理念」を策定後、それを実行するために必要な「診療方針」の策定をアドバイスさせて頂きます。
開業場所の選定 お客様の開業スタイルに合わせて、診療圏調査、駅からの距離、ライバルとなる他院の状況、周辺地域の年齢層や今後の人工推移などを考慮した上で開業場所を絞り込み、最も集客が見込める場所・物件をご提案させて頂きます。
事業計画書の作成 金融機関との融資交渉だけでなく、開業後の経営管理にも役立つ事業計画書を作成致します。
金融機関への融資申し込み・融資実行 公的・民間金融機関から、最もお客様に有利な条件を提示してくれる機関をご紹介致します。そのほか、新規で融資を申し込む際には、当センターが面接に立ち会うなどのサポート
も行います。
建物の設計・内装の決定 お客様のご希望、イメージをお伺いした上で、医療建築に精通した建築会社、設計し、内装業者などをご紹介させて頂きます。
医療機器の選定 医療機器業者をご紹介する共に、購入するべきか、リースするべきかなどのアドバイスをさせて頂きます。
薬品・診療材料の仕入れ先の決定 院内処方の場合であれば、薬品・診療材料の仕入れ先をご紹介致します。院外処方であれば、調剤薬局をご紹介致します。
スタッフの募集・採用 お客様のご希望やお考えをお伺いした上で、必要となる人材をアドバイスさせて頂くと共に、求人募集広告を掲載する媒体をアドバイスさせて頂きます。またスタッフの面接の際に同席するなどのサポートも行っております。
広告の選定・実行 将来的に医院をどうしていきたいのかという、院長の「志」をお伺いした上で、それをいかに「経営理念」としてまとめるかアドバイスさせて頂きます。

当センターは中田聡公認会計士事務所が運営しています。
開業後の税務顧問契約を前提として頂ける場合、医院開業支援を無料で行います。
医院開業後も先生と二人三脚でお付き合いさせて頂きますので、誠実に医院開業をサポート致します。

また開業支援だけのご依頼もお受けしています。
詳しい料金表はこちらをご覧ください。

当センターの医院開業サービスが選ばれる4つの理由

1

医療業界に精通している当センターならではの情報をご紹介!

当センターは医療機器メーカー、調剤薬局、薬品・医療材料卸、不動産、建築士、広告媒体、さらには医療業界に強い弁護士、社会保険労務士、司法書士などとも提携しております。
そのため、当センターだからこそ知り得た優良物件情報、テナント情報、医院承継情報などをご提供することが可能です。

2

開業の際に必要な資金調達に強い!

当センターは銀行などの金融機関と強いパイプを持っておりますので、融資の際に交渉して有利な条件で借り入れるといったサポートを行うことができます。

3

経験豊富なスタッフがお客様の医院開業をトータルサポート!

事業計画書の作成から、ライバルとなる他院との差別化、そして開業後の集客まで、経験豊富なスタッフがトータルサポートします。

4

平日・土日に無料相談会を実施!

勤務医の方のために、当センターでは平日・土日に無料相談会を実施しております。
また出張相談も承っておりますので、詳しくは当センターまでお問い合わせください。

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター