事務所Blog

2019.10.02更新

10月に入り、消費税が8%から10%へと上がりました。

ただし軽減税率の対象になっているものは8%のままになります。

 

医薬品に関してどうかといいますと、消費税の軽減税率の対象に

含まれていません。

 

しかし、食品は軽減税率の対象です。

では、栄養ドリンクはどうなのでしょうか?

 

医薬品等であるかどうかがポイントになってきます。

医薬品等でなければ軽減税率対象で8%、医薬品等であれば

対象外で10%となります。

 

また、栄養ドリンクには、医薬品等に該当するものと該当しないもの

があります。

医薬品等に該当すれば消費税率10%、該当しなければ

軽減税率対象で8%になります。

通常、医薬品等であれば、商品についているラベルなどに

「医薬品」や「医薬部外品」と記載されています。

 

栄養ドリンクはその含有成分により、大きく4つに分類され、

それぞれで医薬品等に該当するかどうかが異なります。

①医薬品等に該当するもの(消費税率10%)

 効果も副作用も高い順に、第2類医薬品、第3類医薬品、医薬部外品

②医薬品等に該当しないもの(軽減税率対象8%)

 清涼飲料水(エナジードリンクなど)

 

クリニック、薬局等で飲料を販売している場合には注意が必要と

なってきます。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

 

歯科向け経営小冊子のダウンロード

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター