事務所Blog

2016.11.24更新

クリニックでは、スタッフの人数も少ないため、業務に関するマニュアルがないことが多いと思います。しかし、クリニックにマニュアルがあると便利です。

マニュアルをつくる際には、以下の3つを基本として作成すると、とても役に立つものになると思います。

①クリニックの理念を盛り込む

あらゆることに対応する詳細なマニュアルを作るのは無理です。マニュアルに書いていない例外的な事例が発生したら、クリニックの理念をもとにスタッフが判断できるようにしましょう。基本的な理念を入れることで、スタッフの患者さんへの接し方・考え方も少し変化すると思います。

②シーンごとに大切にしたいイメージを記載

マニュアルを作成する場合の基本的な視点として、「学校を卒業したばかりで4月1日に入職した新人が、そのマニュアルを見るだけで仕事ができるか」というイメージから説明文章を作ると良いと思います。

③仕事の具体的な内容をイラストや実物の写真を貼って解説をつける

たとえば、スタッフの服装チェックも、女性スタッフの写真やイラストにして、

・頭→髪の毛の色は基本的に黒色とする。長い場合、前髪などが患者さんに触れないよう、また手で髪に触ることは治療の場としてはふさわしくないため、邪魔にならないようにまとめる。

といった説明文を加えるようにします。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

 

歯科向け経営小冊子のダウンロード

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.11.18更新

 承継方法には、親族内承継・親族外承継・M&A等があります。

●親族内承継
 院長の親族に対して事業を継承させること。
 スタッフや関係者などから心情的理解を得やすい承継方法であると言えます。
 しかし、借入元が変更になることにより、債務保証は誰がするのかといった問題が生じることがあります。

●親族外承継
 院長の親族以外に対して事業を継承させること。
   スタッフや関係者などに理解を深めてもらうために、事業承継計画の公表と経営体制の整備、後継者教育を行った方がよいでしょう。また、現院長の親族にも理解を求める必要があります。
 
●M&A(合併・買収・売却)
   仲介機関に相談し、候補となる医療機関を探します。資料開示や条件交渉などを行う過程で、医療機関売却価格の算定など具体的な内容を検討することになります。
  「魅力のない医療機関に買い手は現れない」という事を意識する必要があります。
   M&Aを検討する場合は、まずはM&Aに対する理解を深め、顧問税理士や、その他専門家にご相談することをお勧めします。

 いずれの事業継承を行うにしても、承継したことによって生じる患者様へのケア・サポートも忘れずに行うようにしましょう。


大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード



投稿者: 中田聡公認会計士事務所

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター