事務所Blog

2017.04.25更新

 「院内における掲示物」には、院長からのお知らせ、医師会等から配布される説明書、メーカーからの新製品の紹介、等々さまざまなものがあり、それぞれの目的があります。
 たとえば、院長からのお知らせであれば院長の思い・人となりをより感じられるものにするべきでしょうし、医師会等より配布される掲示物はその内容で時期(たとえば改正の変更時期など)が主題となるものが多いようです。
 こういった掲示物を掲示する際に注意しておいた方がよいのは、次のような点になります。

 1、周囲の状況に気を配る。
   院長からのお知らせは、静かな場所で読んで頂きたいもの。
   たとえば、中待合で患者さんが緊張している際に心が和むよう
   なものもよいでしょう。その場合、手書きであればより温かみ
   がますことでしょう。

2、場所に注意する。
   変更内容等を知らせるような掲示物の場合、患者さんが待合の
   椅子に座った状態で死角となることがないような場所に掲示し
   ましょう。
   自分の背もたれの上にある掲示物は読んではもらえません。
   また、期限にも注意し期限が過ぎているような掲示物が、
   いつまでも掲示されることのないようにしましょう。
   毎月1日を掲示物の検討日と定めて従業員に確認してもらうと
   よいでしょう。

 3、素材に注意する。
   たとえば、診療時間の変更のお知らせというように比較的長期
   に渡り掲示することになるものについては、ラミネート加工が
   望ましいです。
   紙がきれいに読める状態はほぼ1ヶ月です。
   また、人が触れることになる場所への掲示物(お子様、
   待合カウンター周辺への掲示物)についても、より早く傷むと
   考え長期の掲示が必要な場合は、ラミネート加工をすると
   よいでしょう。
   その際、ラミネートの端でケガをすることのないよう、
   配慮が必要です。

 当たり前のことと思われがちですが、意外とすべてをクリアしている医院は多くありません。再度、自院をチェックしてみるといいでしょう。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

最近のブログ記事

entryの検索

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター