事務所Blog

2016.09.27更新

 外来中心のクリニックでは未収の患者様は多くはありませんが、
全くないとは言い切れません。
 未収があっても診療義務がありますので、診療しない訳には
いきません。

 未収がある場合はカルテに記入し、窓口でもメモをしておき、
次回の来院時に徴収するようにしましょう。
再来院の予定がない場合には、一部負担金の支払う日を明確に
しておいた方がよいでしょう。
 未収が度重なる来院患者様なら、医師に協力を願って、未収金を
支払うよう伝えてもらうのもよいでしょう。

 医業未収金は、時間が経てば経つほど回収が困難になってきま
すので、速やかに回収を図ることをお勧めします。

もしも、回収不能になった場合は、未収金として放置するのではなく
税理士等と相談し経費計上することをお勧めします。

 
 
大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード


概要:医業未収金を放置しない

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

最近のブログ記事

entryの検索

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター