事務所Blog

2017.09.08更新

医療法施行規則の改正について平成29年3月14日の官報で告示されました。

 今回の改正では、医療法施行規則(昭和23年厚生労働省令第50号)第17条第1項の「助産所の構造設備基準」について、第5号に定める「入所施設を有する助産所にあつては、床面積九平方メートル以上の分べん室を設けること。 」に、「ただし、分べんを取り扱わないものについては、この限りでない。」の但し書きが追加されました。

 これにより、分娩を取り扱わないことにした助産所が、分娩室がなくとも、産後ケアを施すための入所施設として運営できる他、当初より分娩室を持たない入所型の産後ケア施設を設置することも可能となりました。

 

官報 平成29年3月17日付(本紙 第6980号)
「医療法施行規則の一部を改正する省令(同一八)」


大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2017.09.08更新

医療法施行規則の改正について平成29年3月14日の官報で告示されました。

 今回の改正では、医療法施行規則(昭和23年厚生労働省令第50号)第17条第1項の「助産所の構造設備基準」について、第5号に定める「入所施設を有する助産所にあつては、床面積九平方メートル以上の分べん室を設けること。 」に、「ただし、分べんを取り扱わないものについては、この限りでない。」の但し書きが追加されました。

 これにより、分娩を取り扱わないことにした助産所が、分娩室がなくとも、産後ケアを施すための入所施設として運営できる他、当初より分娩室を持たない入所型の産後ケア施設を設置することも可能となりました。

 

官報 平成29年3月17日付(本紙 第6980号)
「医療法施行規則の一部を改正する省令(同一八)」


大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2017.09.01更新

スタッフのきちんとした人事評価は、小規模なクリニックにとってはとても難しいことだと思います。能力給や成果報酬についての専門知識を理解し、しかも導入したうえで継続的な評価をすると考えると、毎日の診療をしたうえではほぼ不可能に近いと感じています。

クリニックでは、クリニックなりの簡易で継続できる人事評価システムが必要です。

 

【ステップ1】

まず、評価の項目を三つに分け、それぞれの比重を決めます。

A.年数評価・・・30%

B.仕事評価・・・40%

C.人柄評価・・・30%

合計で100%になるようにします。

 

【ステップ2】

次にB.仕事評価とC.人柄評価を3~5区分くらいに分けます。

B.仕事評価

⑴受付会計業務

⑵レセプト業務

⑶院内管理業務

・・・・・・

 

C.人柄評価

⑴協調性

⑵積極性

⑶笑顔

・・・・・・

 

【ステップ3】

それぞれを評価します。

よくできる・・・10点

普通・・・5点

あまりできない・・・0点

 

【ステップ4】

自院の平均点数を出す一方、そのスタッフの点数を計算し、ベースアップの金額を掛けていきます。自院の平均点数は、院長先生の考える自院の平均像、もしくは平均と思われるスタッフの点数を基準にして算定します。

(計算例)

基本ベースアップ金額×その方の点数÷平均点数=その方のベースアップ分

・平均より少しよいスタッフ

2,000円×70点/平均60点=2,300円

・あまりできないスタッフ

2,000円×30点/平均60点=1,000円

この金額が1年間勤務した評価分となります。「よくできる」、「普通」、「あまりできない」は、院長先生の主観かベテランスタッフとの話し合いで決めてよいでしょう。ただし、本人とも必ず面接をして、お互いにコミュニケーションをしっかりもつようにしましょう。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

 

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2017.09.01更新

スタッフのきちんとした人事評価は、小規模なクリニックにとってはとても難しいことだと思います。能力給や成果報酬についての専門知識を理解し、しかも導入したうえで継続的な評価をすると考えると、毎日の診療をしたうえではほぼ不可能に近いと感じています。

クリニックでは、クリニックなりの簡易で継続できる人事評価システムが必要です。

 

【ステップ1】

まず、評価の項目を三つに分け、それぞれの比重を決めます。

A.年数評価・・・30%

B.仕事評価・・・40%

C.人柄評価・・・30%

合計で100%になるようにします。

 

【ステップ2】

次にB.仕事評価とC.人柄評価を3~5区分くらいに分けます。

B.仕事評価

⑴受付会計業務

⑵レセプト業務

⑶院内管理業務

・・・・・・

 

C.人柄評価

⑴協調性

⑵積極性

⑶笑顔

・・・・・・

 

【ステップ3】

それぞれを評価します。

よくできる・・・10点

普通・・・5点

あまりできない・・・0点

 

【ステップ4】

自院の平均点数を出す一方、そのスタッフの点数を計算し、ベースアップの金額を掛けていきます。自院の平均点数は、院長先生の考える自院の平均像、もしくは平均と思われるスタッフの点数を基準にして算定します。

(計算例)

基本ベースアップ金額×その方の点数÷平均点数=その方のベースアップ分

・平均より少しよいスタッフ

2,000円×70点/平均60点=2,300円

・あまりできないスタッフ

2,000円×30点/平均60点=1,000円

この金額が1年間勤務した評価分となります。「よくできる」、「普通」、「あまりできない」は、院長先生の主観かベテランスタッフとの話し合いで決めてよいでしょう。ただし、本人とも必ず面接をして、お互いにコミュニケーションをしっかりもつようにしましょう。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

 

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター