事務所Blog

2016.12.28更新

決算期末(個人事業の場合は12月31日)になると、医薬品の在庫や診療材料などの「棚卸表」をもとに期末時点の棚卸資産を計上することになります。
 
在庫棚卸の注意点は、院外に預けてあるもの(例:整形外科医院の義足や歯科医院の金冠などに使用する貴金属、他)や診察室以外の保管室で管理しているものすべてが棚卸資産となる為、モレのないようにしましょう。
 
●資産の評価額を評価する方法
①最終仕入原価法
 棚卸資産を期末にもっとも近い時点で取得したときの1単位当たりの取得価額をもって評価する方法
②先入先出法
 購入したものから順に使用したと仮定して在庫を評価する方法
③後入先出法
 後から購入したものから順に使用したと仮定して在庫を評価する方法

在庫として残っている医薬品や診療材料のなかに、使用期限が過ぎてしまっているものや破損してしまっているものがあれば、評価損として経費に計上することができ節税につながります。在庫の管理を徹底し、無駄のないようにすることが一番ですが、万が一不良在庫が発生してしまった場合は、廃棄するなどして経費に計上すれば節税対策になります。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.12.28更新

決算期末(個人事業の場合は12月31日)になると、医薬品の在庫や診療材料などの「棚卸表」をもとに期末時点の棚卸資産を計上することになります。
 
在庫棚卸の注意点は、院外に預けてあるもの(例:整形外科医院の義足や歯科医院の金冠などに使用する貴金属、他)や診察室以外の保管室で管理しているものすべてが棚卸資産となる為、モレのないようにしましょう。
 
●資産の評価額を評価する方法
①最終仕入原価法
 棚卸資産を期末にもっとも近い時点で取得したときの1単位当たりの取得価額をもって評価する方法
②先入先出法
 購入したものから順に使用したと仮定して在庫を評価する方法
③後入先出法
 後から購入したものから順に使用したと仮定して在庫を評価する方法

在庫として残っている医薬品や診療材料のなかに、使用期限が過ぎてしまっているものや破損してしまっているものがあれば、評価損として経費に計上することができ節税につながります。在庫の管理を徹底し、無駄のないようにすることが一番ですが、万が一不良在庫が発生してしまった場合は、廃棄するなどして経費に計上すれば節税対策になります。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.12.23更新

物事には、締めるところは締め、緩めるところは緩めるというバランスが大切です。クリニックにおいても「緊張と緩和」が必要です。そのために叱り役と、なだめ役の役割の分担をするとよいと思います。

院長先生がパートナーと役割分担ができない場合は、院内で一番のベテランスタッフとしっかり打ち合わせて、この役割を分担されるとよいと思います。その場合、どなたも叱り役は嫌なことですので、主任手当をつけたり給与を増額したりしてお願いするとよいと思います。ご夫婦で運営されているときは、それぞれで役割分担を常に意識して下さい。

先生が叱り役の場合、パートナーの方が優しく接し、お菓子を買ってきたり、先生抜きの食事会を設定して「本当にいつもありがとうございます」とお礼を言ったり、「直接言えないのであれば、私からそっと忠告するからね」とスタッフと先生の間に立って、関係を取りもったりすることで、スタッフと院長先生とのパイプ役になってもらいます。

感情に任せて怒るのではなく、今度はこの点を叱るから、このようにフォローしよう、と打ち合わせた上でスタッフに接すると、より良いクリニックができてくると思います。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

 

歯科向け経営小冊子のダウンロード

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.12.23更新

物事には、締めるところは締め、緩めるところは緩めるというバランスが大切です。クリニックにおいても「緊張と緩和」が必要です。そのために叱り役と、なだめ役の役割の分担をするとよいと思います。

院長先生がパートナーと役割分担ができない場合は、院内で一番のベテランスタッフとしっかり打ち合わせて、この役割を分担されるとよいと思います。その場合、どなたも叱り役は嫌なことですので、主任手当をつけたり給与を増額したりしてお願いするとよいと思います。ご夫婦で運営されているときは、それぞれで役割分担を常に意識して下さい。

先生が叱り役の場合、パートナーの方が優しく接し、お菓子を買ってきたり、先生抜きの食事会を設定して「本当にいつもありがとうございます」とお礼を言ったり、「直接言えないのであれば、私からそっと忠告するからね」とスタッフと先生の間に立って、関係を取りもったりすることで、スタッフと院長先生とのパイプ役になってもらいます。

感情に任せて怒るのではなく、今度はこの点を叱るから、このようにフォローしよう、と打ち合わせた上でスタッフに接すると、より良いクリニックができてくると思います。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

 

歯科向け経営小冊子のダウンロード

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.12.20更新

日々の窓口現金の管理方法ですが、窓口現金用の口座を一つ開設することをお勧めします。
窓口に入った現金は、そっくり通帳へ入金します。
窓口集計表と通帳の現金は必ずピッタリ合うはずです。
「レジ=窓口集計表=通帳の窓口入金金額」を必ず窓口担当者に周知して頂いてください。
もし合わない場合は、その日のうちに原因を確認するよう指導します。
勤務時間のシフトなどで窓口担当者が変わる場合は、担当者が金額を確認し、サインしてもらうようにしましょう。連絡ミスによる金額の欠落がないことと一連の流れを担当者に必ず説明するようにしましょう。
責任の所在を明白にしておくことで、ミスや不正の防止にも繋がります。

毎日、銀行へ行き入金の業務を行うのは大変です。入金代行サービスやフットワークのよい信用金庫を活用するのもいいかもしれません。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード



投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.12.20更新

日々の窓口現金の管理方法ですが、窓口現金用の口座を一つ開設することをお勧めします。
窓口に入った現金は、そっくり通帳へ入金します。
窓口集計表と通帳の現金は必ずピッタリ合うはずです。
「レジ=窓口集計表=通帳の窓口入金金額」を必ず窓口担当者に周知して頂いてください。
もし合わない場合は、その日のうちに原因を確認するよう指導します。
勤務時間のシフトなどで窓口担当者が変わる場合は、担当者が金額を確認し、サインしてもらうようにしましょう。連絡ミスによる金額の欠落がないことと一連の流れを担当者に必ず説明するようにしましょう。
責任の所在を明白にしておくことで、ミスや不正の防止にも繋がります。

毎日、銀行へ行き入金の業務を行うのは大変です。入金代行サービスやフットワークのよい信用金庫を活用するのもいいかもしれません。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード



投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.12.01更新

医師という職業には、夜勤・宿直・日直という特殊な勤務形態があります。このような特殊な勤務形態では自由に食事を買いに行ったりすることができません。

そこで、夜食の差入が「もう少し頑張ろう」という意欲の源になる事もあります。職員の働く意欲が向上し、福利厚生費としても活用できる食事の支給条件についてご説明します。
 
●昼食を職員に支給するとき
 職員に昼食を支給すると、給与等になり源泉所得税の対象となります。しかし、その食事代の50%以上を職員が負担し、かつ、医院側の負担が月額3,500円以下であれば所得税は課税されません。

●宿直、日直や残業の職員に夜食を支給するとき
 所定労働時間(通常の勤務時間)以外に宿直や日直、残業をした職員に対して、これらの勤務をするための食事支給については源泉所得税は課税されません。ただし、夜食代として現金を支払った場合は給与所得に加えられ源泉所得税が課税されます。

●夜勤者(深夜勤務者)に夜食代を支給するとき
 深夜勤務1回につき300円以下の支給については、源泉所得税は課税されません。
なお、深夜勤務とは夜10時から朝5時までを含む勤務をいいます。

※上記すべての取り扱いによる金額は、すべて消費税相当額を除いた額です
 
このように、医院にとっては同じ経費として支払う場合でも、給与になるケースと福利厚生費になるケースがあります。

給与とみなされない要件をスタッフに理解してもらい、福利厚生費とみなされる食事の支給方法を取り入れてはいかがでしょうか。


大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター