事務所Blog

2016.07.29更新

医療機器を導入する際、3つのケースが考えられます。

1.購入の場合

  機器の所有権は「自院」になります。
  手許資金に余裕がある場合は購入をお勧めします。

2.リースの場合

  機器の所有権は「リース会社」になります。
  その機器を使用している期間は原則としてリース料を支払い続けなければなりません。 ただし、当初リース契約期間満了後は、年1回払いで当初契約の年額10分の1位の金額になるのが一般的です。

3.割賦購入の場合

  機器の所有権は割賦機関終了後に「自院」になります。
  耐用年数と同じ年数の割賦払であれば、リースの場合より資金等を考慮しても有利となると考えられます。

  場合によっては、リースの方が比較的有利になることもあるので、医療機器等ご購入の際は、購入業者や税理士等知識のある方にご相談されることをお勧め致します。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.07.29更新

医療機器を導入する際、3つのケースが考えられます。

1.購入の場合

  機器の所有権は「自院」になります。
  手許資金に余裕がある場合は購入をお勧めします。

2.リースの場合

  機器の所有権は「リース会社」になります。
  その機器を使用している期間は原則としてリース料を支払い続けなければなりません。 ただし、当初リース契約期間満了後は、年1回払いで当初契約の年額10分の1位の金額になるのが一般的です。

3.割賦購入の場合

  機器の所有権は割賦機関終了後に「自院」になります。
  耐用年数と同じ年数の割賦払であれば、リースの場合より資金等を考慮しても有利となると考えられます。

  場合によっては、リースの方が比較的有利になることもあるので、医療機器等ご購入の際は、購入業者や税理士等知識のある方にご相談されることをお勧め致します。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
大阪医院開業・医療法人設立支援センター

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.07.20更新

医療法人が平成29年3月31日までの間に医療用機器を取得した際は、

取得した事業年度において、特別償却が認められます。

 

●特別償却とは

  通常の減価償却費の額に加え、一定額の超過償却を行う事が出来ます。法人税等を軽減し、設備投資に要した資金の早期回収を促す制度です。

 

●特別償却の適用対象機器かどうか

 医療機器はその種類や機能が複雑な為、当該医療機器が特例の適用対象かどうかを判断するのは非常に難しいです。その為、医療機器メーカーや卸売業者の担当者に直接、特別償却等の税制優遇対象機器かどうかを確認する必要があります。

  

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

  

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.07.20更新

医療法人が平成29年3月31日までの間に医療用機器を取得した際は、

取得した事業年度において、特別償却が認められます。

 

●特別償却とは

  通常の減価償却費の額に加え、一定額の超過償却を行う事が出来ます。法人税等を軽減し、設備投資に要した資金の早期回収を促す制度です。

 

●特別償却の適用対象機器かどうか

 医療機器はその種類や機能が複雑な為、当該医療機器が特例の適用対象かどうかを判断するのは非常に難しいです。その為、医療機器メーカーや卸売業者の担当者に直接、特別償却等の税制優遇対象機器かどうかを確認する必要があります。

  

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

  

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.07.07更新

 

スタッフの退職は、結婚や出産・育児、キャリアアップといった本人の都合によるものもあれば、院内の人間関係に疲れたとかストレスによるものもあります。

また、業務についていけないスタッフや組織に合わないスタッフに対しては、経営者として退職を勧めなければならないこともあります。これは簡単なことではありません。

退職勧奨を行う上で大切なことは、そのスタッフを人として否定するようなことはせず、また、その人の性格とか能力ではなく、あくまでも業務に対しての評価を根気強く伝えるべきです。本人が、それは修正できないと思うのなら、それは今の職場に合わないということになります。そのような話し合いを続けることが、最も問題のないやり方ではないかと思います。

どんな問題のあるスタッフであっても、もともとは期待を持って応募してきたのであり、それを面接して受け入れたのは自分たちです。人として一定の理解を示しつつ、その上で仕事のやり方や適正について話し合い、できる限り納得を得られるように進めていくことが大切です。

 

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

 

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

 

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

 

 

 

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.07.07更新

 

スタッフの退職は、結婚や出産・育児、キャリアアップといった本人の都合によるものもあれば、院内の人間関係に疲れたとかストレスによるものもあります。

また、業務についていけないスタッフや組織に合わないスタッフに対しては、経営者として退職を勧めなければならないこともあります。これは簡単なことではありません。

退職勧奨を行う上で大切なことは、そのスタッフを人として否定するようなことはせず、また、その人の性格とか能力ではなく、あくまでも業務に対しての評価を根気強く伝えるべきです。本人が、それは修正できないと思うのなら、それは今の職場に合わないということになります。そのような話し合いを続けることが、最も問題のないやり方ではないかと思います。

どんな問題のあるスタッフであっても、もともとは期待を持って応募してきたのであり、それを面接して受け入れたのは自分たちです。人として一定の理解を示しつつ、その上で仕事のやり方や適正について話し合い、できる限り納得を得られるように進めていくことが大切です。

 

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

 

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

 

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

 

 

 

歯科向け経営小冊子のダウンロード

 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター