事務所Blog

2016.03.25更新

クリニック開業と同時に医薬分業をなさるケースがほとんどです。最近では「院外処方」されているクリニックが大半です。「院外処方」にすることにより医薬分業ができ、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務を分担し国民医療の質的向上を図ることが来ます。

 しかし、「院外処方」にしている意味を理解されていない患者様が多いのではないでしょうか?また、患者様に説明されているクリニックは少ないのではないでしょうか?

○院外処方だから費用が高くなる。

○院外薬局へ行く二度手間感。

上記のような不利点がありますが、利点もあるということを患者様に説明をされてみてはいかがでしょうか?

疑問に感じていても、質問してくる患者様は少ないと思います。

わかりやすい言葉で簡単に説明した物を待合室に掲示しておくだけでも良いと思います。

 院外処方を理解してもらい。かかりつけ薬局の意味を知ってもらう良い機会になればと思います。

 

[医薬分業の利点]

1)使用したい医薬品が手元に無くても、患者に必要な医薬品を医師・歯科医師が自由に処方できること。

2)処方せんを患者に交付することにより、患者自身が服用している薬について知ることができること。

3) 「かかりつけ薬局」において薬歴管理を行うことにより、複数診療科受診による重複投薬、相互作用の有無の確認などができ、

薬物療法の有効性・安全性が向上すること。

4)病院薬剤師の外来調剤業務が軽減することにより、本来病院薬剤師が行うべき入院患者に対する病棟活動が可能となること。

5)薬の効果、副作用、用法などについて薬剤師が、処方した医師・歯科医師と連携して、患者に説明(服薬指導)することにより、患者の薬に対する理解が深まり、調剤された薬を用法どおり服用することが期待でき、薬物療法の有効性、安全性が向上すること。           (平成23年 厚生労働白書)

 

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.03.25更新

クリニック開業と同時に医薬分業をなさるケースがほとんどです。最近では「院外処方」されているクリニックが大半です。「院外処方」にすることにより医薬分業ができ、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務を分担し国民医療の質的向上を図ることが来ます。

 しかし、「院外処方」にしている意味を理解されていない患者様が多いのではないでしょうか?また、患者様に説明されているクリニックは少ないのではないでしょうか?

○院外処方だから費用が高くなる。

○院外薬局へ行く二度手間感。

上記のような不利点がありますが、利点もあるということを患者様に説明をされてみてはいかがでしょうか?

疑問に感じていても、質問してくる患者様は少ないと思います。

わかりやすい言葉で簡単に説明した物を待合室に掲示しておくだけでも良いと思います。

 院外処方を理解してもらい。かかりつけ薬局の意味を知ってもらう良い機会になればと思います。

 

[医薬分業の利点]

1)使用したい医薬品が手元に無くても、患者に必要な医薬品を医師・歯科医師が自由に処方できること。

2)処方せんを患者に交付することにより、患者自身が服用している薬について知ることができること。

3) 「かかりつけ薬局」において薬歴管理を行うことにより、複数診療科受診による重複投薬、相互作用の有無の確認などができ、

薬物療法の有効性・安全性が向上すること。

4)病院薬剤師の外来調剤業務が軽減することにより、本来病院薬剤師が行うべき入院患者に対する病棟活動が可能となること。

5)薬の効果、副作用、用法などについて薬剤師が、処方した医師・歯科医師と連携して、患者に説明(服薬指導)することにより、患者の薬に対する理解が深まり、調剤された薬を用法どおり服用することが期待でき、薬物療法の有効性、安全性が向上すること。           (平成23年 厚生労働白書)

 

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.03.25更新

クリニック開業と同時に医薬分業をなさるケースがほとんどです。最近では「院外処方」されているクリニックが大半です。「院外処方」にすることにより医薬分業ができ、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務を分担し国民医療の質的向上を図ることが来ます。

 しかし、「院外処方」にしている意味を理解されていない患者様が多いのではないでしょうか?また、患者様に説明されているクリニックは少ないのではないでしょうか?

○院外処方だから費用が高くなる。

○院外薬局へ行く二度手間感。

上記のような不利点がありますが、利点もあるということを患者様に説明をされてみてはいかがでしょうか?

疑問に感じていても、質問してくる患者様は少ないと思います。

わかりやすい言葉で簡単に説明した物を待合室に掲示しておくだけでも良いと思います。

 院外処方を理解してもらい。かかりつけ薬局の意味を知ってもらう良い機会になればと思います。

[医薬分業の利点]

1)使用したい医薬品が手元に無くても、患者に必要な医薬品を医師・歯科医師が自由に処方できること。

2)処方せんを患者に交付することにより、患者自身が服用している薬について知ることができること。

3) 「かかりつけ薬局」において薬歴管理を行うことにより、複数診療科受診による重複投薬、相互作用の有無の確認などができ、

薬物療法の有効性・安全性が向上すること。

4)病院薬剤師の外来調剤業務が軽減することにより、本来病院薬剤師が行うべき入院患者に対する病棟活動が可能となること。

5)薬の効果、副作用、用法などについて薬剤師が、処方した医師・歯科医師と連携して、患者に説明(服薬指導)することにより、患者の薬に対する理解が深まり、調剤された薬を用法どおり服用することが期待でき、薬物療法の有効性、安全性が向上すること。           (平成23年 厚生労働白書)

 

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2016.03.25更新

クリニック開業と同時に医薬分業をなさるケースがほとんどです。最近では「院外処方」されているクリニックが大半です。「院外処方」にすることにより医薬分業ができ、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務を分担し国民医療の質的向上を図ることが来ます。

 しかし、「院外処方」にしている意味を理解されていない患者様が多いのではないでしょうか?また、患者様に説明されているクリニックは少ないのではないでしょうか?

○院外処方だから費用が高くなる。

○院外薬局へ行く二度手間感。

上記のような不利点がありますが、利点もあるということを患者様に説明をされてみてはいかがでしょうか?

疑問に感じていても、質問してくる患者様は少ないと思います。

わかりやすい言葉で簡単に説明した物を待合室に掲示しておくだけでも良いと思います。

 院外処方を理解してもらい。かかりつけ薬局の意味を知ってもらう良い機会になればと思います。

[医薬分業の利点]

1)使用したい医薬品が手元に無くても、患者に必要な医薬品を医師・歯科医師が自由に処方できること。

2)処方せんを患者に交付することにより、患者自身が服用している薬について知ることができること。

3) 「かかりつけ薬局」において薬歴管理を行うことにより、複数診療科受診による重複投薬、相互作用の有無の確認などができ、

薬物療法の有効性・安全性が向上すること。

4)病院薬剤師の外来調剤業務が軽減することにより、本来病院薬剤師が行うべき入院患者に対する病棟活動が可能となること。

5)薬の効果、副作用、用法などについて薬剤師が、処方した医師・歯科医師と連携して、患者に説明(服薬指導)することにより、患者の薬に対する理解が深まり、調剤された薬を用法どおり服用することが期待でき、薬物療法の有効性、安全性が向上すること。           (平成23年 厚生労働白書)

 

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター