事務所Blog

2014.04.30更新

大阪府、大阪市で医院の開業をお考えの先生や、医療経営にお悩みの先生方、当事務所は、フットワークの軽さが自慢です。
安定した健全な経営は、私たちにお任せください。

医院を開業する際の資金については、資金繰りは余裕を持った資金調達が必要と考えております。
先生方とじっくりお話をさせていただいたうえで、迅速に対応をいたします。
もちろんその後の経営や会計業務、税務まで幅広いサポートを全力で致しますのでご安心ください。

これまでほかの税理士に任せきりだった先生のご相談もお待ちしております。
顧問税理士とともに、セカンドオピニオンとして違う視点での提案をすることも可能です。
初回の相談は無料で行っておりますので、お気軽にお問合せください。

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2014.04.25更新

本日は、極めて重要である開業までの全体スケジュールについてお話致します。
① 目標開業日の設定
② 開業候補地の設定と市場性評価
③ 事業計画と資金調達
④ 建築設計と施工
⑤ 行政・医療保険診療関係の諸手続き
⑥ スタッフ募集と採用
⑦ 広告宣伝活動と院内見学会
⑧ 職員教育・訓練
以上、開業日までの①~⑧の間、一戸建て診療所の場合で2~3年をみておく必要があるでしょう。では、これから上記①~⑧までのスケジュール管理について簡単にご説明致します。

① 開業日の設定は、個人のおかれている状況によると思います。重要であるのは、現在を起点にして各作業をこなすにはどの程度期間が必要かという積み上げ方式のスケジュールと、何をいつまでに完了する必要があるかを把握するスケジューリングの両方です。

② 開業候補地でどの程度の患者数を見込めるかを判定評価するマーケティング調査後、開業物件探しに要する期間は、開業スタイルによってケースバイケースで、予想以上に時間がかかるものであることから、建築工期なども見込んだ早めの対応が必要です。

③ 金融機関との融資交渉や申込手続きなどは、関係書類の収集、整理、作成、提出、審査など予想以上に手間と時間がかかる場合も少なくないので、十分な余裕をもってスケジュールを設定しておき、誤解や遅延によるトラブルを発生させないことが大切です。


④ 開業スタイルが一戸建て開業であれば、少なくとも1ヶ月以上の設計期間に加え、6~8ヶ月ほどの施工期間が必要となり、ビルテナント型の開業では、1ヶ月程度の設計期間に、2~4ヶ月ほどの施工期間を見ておく必要があります。

⑤ Ⅰ医療法や社会保険制度に基づく診療所開設に関する各種届出、Ⅱ労務に関する各種届出、Ⅲ税務に関する各種届出の3つがあり、Ⅰは診療所開設後10日以内に提出、Ⅱ及びⅢは都道府県により異なるので注意が必要です。

⑥ ⑦ ⑧ 開業1ヶ月前には、職員にオープンに向けて準備を手伝ってもらいたいので、開業予定日の2~3ヶ月前には職員を募集・採用したいです。広告作成の準備期間としては地域のリサーチやデザイン、広告内容の検討も含めて最低3ヶ月程度は必要となります。また、広告媒体以外にもオープンの2~3週間程度前の週末に地域住民向けに医院施設見学会を開催して、開業をアピールするイベントの活用の手法も多くなっています。

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
中田聡公認会計士事務所

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2014.04.23更新

当事務所は医療専門の公認会計士事務所として、大阪府や大阪市方面で医院開業や医療法人の設立を考えている方、医療経営でのお悩みを解決していけるように、さまざまな方法をご提案してサポートしていきます。

医療の分野に特化した事務所として、医療法人化するためのシミュレーションを無料で行い、医療法人化に向けての問題や手続きなどもしっかりとサポートし、お客様からのお話をきちんとお伺いして最善の方法を導き出してご提案し迅速に対応していきます。

医院開業をするにあたり、きちんとした計画を立て柔軟な運営をしていくことも大事であり、医療法人を考えているのであれば、税や医療の法律上の規制の他に、かかる費用に対して効果があるかどうかも考えていかなければならないため、それぞれに応じたアドバイスをしていきます。

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2014.04.21更新

病院やクリニックを経営されている方にとって、なんとか税金を抑えたいと言うのが、お悩みの一つではないでしょうか。
利益が上がれば、税金も多くなってしまうのですが、節税するためには、それなりのノウハウが必要です。

例えば、先生だけの所得とせず、ご家族に給与として支払う形にすることで所得が分散されれば、適用税率は低くなります。
あるいは、不動産の活用方法や資産の整理によって税金を抑えることができます。
当事務所では、その病院に合った節税方法や経営、会計方法をご提案しています。

大阪府、大阪市にお住まいで、病院やクリニックの経営でお困りの方は、医療に特化した専門家のいる当事務所へご相談ください。
病院の経営と先生の資産を守るために、多方面からサポートさせていただきます。
無料相談もお受けしています。

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2014.04.18更新

現在医院開業をお考えの先生方も、やはり医院開業の実態については気になっていらっしゃるのではないでしょうか。
本日は医院開業の実態について、以下の項目に沿ってご紹介しましょう。

 1、開業を考える動機
 ◆ 転勤のない自営開業に魅力を感じるため。
 ◆ 地域に密着した医療を行いたいため。
 ◆ 医局の人間関係やマネジメント業務に嫌気がさし、指図をされない開業医という立場に魅力を感じるため。

2、開業するにあたって感じる不安
◆ 患者数の伸び悩み・収入減少といった、経営面における不安。
◆ 借金の返済・融資交渉といった、資金面における不安。
◆ 経営者としての職員や従業員の採用といった、雇用面における不安。

3、開業場所を選ぶ際に意識する事
◆ 居住地あるいは出身地の近く
◆ 競争の少ない場所
◆ 現在の勤務地から近い場所

4、資金調達の手段
◆ 医師としての年数が浅い場合(主に30歳代)、親からの援助や親戚・知人に頼ることも致し方ない。
◆ 借入を考える場合、公的金融機関や銀行からの借入を希望する場合が多く、また医療機器リースの会社から借入を希望する場合もある。

様々な項目がありますが、中には慎重な判断を要するものもありますので、参考にしていただければ幸いです。お悩みはいつでもお気軽にご相談ください。

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
中田聡公認会計士事務所

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2014.04.16更新

現在、医療経営を取り巻く状況は、同業での競争激化などでますます厳しくなっております。
しかし、経営方針をきちんと行えば成功する事例が多いのも医療分野であります。

特にお悩みの方が多い税金対策については、備品の購入から交際費などの経費計上まで専門知識によって節税できる場合があります。
それらを積み重ねることにより、年単位では大きな節税となり、手元に残る金額が増えるという結果を生み出せるのです。

大阪府および大阪市方面の医院や歯科医院の税金対策のスペシャリストとして、有効なアドバイスを差し上げております。
初めての方は、ぜひ一度ホームページからの無料お問い合わせフォームをご利用ください。
税金対策のセカンドオピニオンも承っております。

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2014.04.11更新

厚生労働省が公表している医療施設調査によると平成24年度で「病院」は40施設減少、一般診療所は605施設増加、歯科診療所は318施設増加しています。

また一般診療所は「有床」が前年に比べて338施設減少しているにもかかわらず、「無床」は前年に比べ943施設増加しています。

つまり病院並びに有床の一般診療所は減少が続いているものの、
無床の一般診療所並び歯科診療所はずっと増加が続いています。

歯科診療所は現在コンビニよりも多いと言われ、既に各地域で競争が続いています。

一方で、病院の経営者は診療報酬改定等の厳しい経営環境を生き抜くため、医療コストの半分を占める人件費の削減に乗り出しており、多くの勤務医の先生が将来に対する漠然とした不安を抱いています。

こういった現状を受けて多くの勤務医の先生が開業形態の主流である無床診療所を開設しているため、件数が大幅に増えています。

そのため、歯科ほどではないにせよ医科も一般診療所が増加し、競争が激化することが想定されます。

開業医の先生も医院開業予定の先生もサービスや他医院との差別化を図り、患者を確保する必要があるでしょう。


大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
中田聡公認会計士事務所

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2014.04.08更新

大阪府や大阪市で医療開業をお考えの方、当事務所ではお力になります。
医療分野を専門にして医院経営のサポートをしています。

安定した医院経営の元で日頃の診察を行えるようにするには、確かな経営計画と柔軟な運営を考えなければなりません。
医療開業を目指されている医師の先生には、開業した後の経営理念を明確にする必要があります。
また、医療行為だけではなくスタッフとの友好的な関係を築くことも大切になります。

志は高くても医療開業は慣れない点が多く、どこから手をつけてよいのか分からない場合もあると思います。
その時は、ぜひ当所にご連絡下さい。
迅速に分かりやすく開業のお手伝いをいたします。
大切な資金を守るために適切なアドバイスをしますので、客観的に理解をすることができます。

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

2014.04.04更新

開業院長には、診断治療技術が優れていること以外にも患者やスタッフとのコミュニケーション能力に優れ、経営者として銀行などとの交渉力も必要となります。
ご参考程度に、開業院長としてどの程度適正があるかについて自己チェックをしてみてください。

チェック項目                        回答(Yes or No)
1. 金銭感覚はあるほうだと思う                 
2. 他の開業医をみて、自分にもできると思う     
3. 頼まれごとは苦にならないほうだと思う            
4. アイデアや工夫は思いつくほうだと思う            
5. 人から根が明るい性格だといわれる              
6. 他人の話をじっくり聴けるほうだと思う            
7. モノを大切にして長く使い切るほうだと思う          
8. 家族とのコミュニケーションはうまくいっているほうだ     
9. 仲間や部下に仕事を任せられるほうだと思う          
10. 企画や計画を立てることが好きなほうだと思う         
11. 取引業者との交渉は上手なほうだと思う            
12. 細かいことまでマメに気を付け手を動かすほうだ       
13. 大きな組織の中で生きるタイプではないと思う         
14. 経済新聞や記事に興味がわくほうだと思う           
15. 流行に敏感なほうだと思う                  
16. 勤務医時代、他の医師より患者数が多かったと思う       
17. 医療関係者以外で仲間や友人は多いほうだと思う        
18. 診療報酬制度には詳しいほうだと思う             
19. 整理整頓をきちんと心がけるほうだと思う           
20. 自分の行動にはいつも責任をもつように心がけている

- チェック評価 -
*Yesが15項目以上
・開業院長に非常に適する

*Yesが10項目以上
・開業院長に適する

*Yesが5項目以上
・開業準備中に経営者の心構えを十分に学ぶ必要がある

*Yesが4項目以下
・何のために開業するのかをもう一度再考することを勧める。できれば勤務医を続けること
  も視野に入れる

この結果が悪いからといって適正がないというわけではなく、今後、開業準備を一歩一歩進める中で、自分らしい開業スタイルを構築していくことが大切だといえます。

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら
中田聡公認会計士事務所

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター