事務所Blog

2019.08.22更新

お医者さんには、消費税がかかるのでしょうか?

 

消費税がかかるのかどうか?の判断基準となる期間(基準期間)が

あります。

基準期間は個人事業の場合2年前、医療法人の場合2期前に

あたります。

その基準期間における、消費税が課税される売上高が

年間1,000万円を超える規模になれば、その年もしくはその期から

消費税の申告をする義務が生じます。

 

お医者さんの売上には、大きく分けて保険診療と自費診療とがあり、

消費税が課税されるのは後者の自費診療です。

保険がきかない診療や健康診断、予防接種などがこれに該当します。

 

支払についても、消費税が課税されるものとそうでないものとが

あります。

代表的なものとして、課税されるものは診療所家賃・飲食代・

消耗品代・交通費など、

課税されないものは人件費(給料・賞与・社会保険料など)・

税金・保険料・減価償却費などが挙げられます。

 

さて、消費税をいくら納めるかの計算はどのようにされている

のでしょうか?

原則、預かった消費税(売上に含まれる消費税)-支払った消費税

=納める消費税と計算します。

 

この算式で、仮に預かった消費税よりも支払った消費税の方が

多ければ、申告時に還付されることになります。

 

また、基準期間の消費税が課税される売上高が5,000万円以下で

あれば、簡易的な計算方法を選択することも可能です。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

 

歯科向け経営小冊子のダウンロード 

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

entryの検索

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター