事務所Blog

2017.12.18更新

クリニックの駐車場内での盗難や事故は、患者さんにとってもクリニックにとっても嫌なものです。それを防ぐにはどうしたらよいでしょうか。またもし起こってしまったときは、どのような対応が必要でしょうか。

 

最も大切なことは、駐車台数を増やすことを優先して、患者さんが事故を起こしやすいようなレイアウトにしないことです。次に、駐車場に「駐車場内の事故や盗難について当院では責任を負いません。貴重品などには十分ご注意ください」といった看板の設置が必要です。

以下の例も再確認してみましょう。

・駐車場の出入口の幅を広げ、段差を少なくする。

・駐車場の出入口左右に、障害物がないか確認する

・1台当たりの幅(2m80cm以上はほしい)をゆったり取る。

・物陰や見通しの悪い部分は、センサーライトや監視カメラを設置して防犯対策をする。

 

もし、患者さんが、「駐車場で自動車を当て逃げされてしまったので、自分の前に診療が終わった人の住所と名前を教えてください」と受付に言ってこられた場合、どのような対応をしたらよいでしょうか。患者さんの個人情報は、お教えできないので、最寄りの警察署に事故の届出をお願いすることになります。

また、逆にクリニックの駐車場で、当て逃げされたと大声でクレームを付けて修理費を負担させようというモンスターケースもあるようです。金品を要求する行動には、明確にお断りする姿勢が大切ですが、やはり被害を被った患者さんに対してクリニックの責任ではないとしても、嫌なものです。

このような、クリニック側・患者さん側双方にマイナスにならないように駐車場の環境整備をしましょう。

 

大阪市でクリニック開業・医療法人設立なら

大阪医院開業・医療法人設立支援センター

 

医科・歯科ドクター向け節税小冊子のダウンロード

 

歯科向け経営小冊子のダウンロード

投稿者: 中田聡公認会計士事務所

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

医療法人の設立、クリニックの開業・経営をサポート 大阪医院開業・医療法人設立支援センター 運営:中田聡公認会計士事務所 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル8階 電話番号:0120-251-310 メールでのお問い合わせはこちら

MAIL
tel_sp.png
節税ノウハウが満載 節税小冊子(医科・歯科ドクター向け) 無料ダウンロード経営ノウハウが満載 経営小冊子(歯科ドクター向け) 無料ダウンロード平日&土日 無料相談会 実施中!!電話相談・メール相談 初回無料!! まずはお気軽にご相談を 0120-251-310 受付9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせはこちら事務所紹介事務所紹介BlogFacebook大阪相続税サポートセンター